2015/05/04

Suisse de Valence

ヴァランス(Valence)の伝統的なお菓子を紹介します。

ヴァランスは、フランスの南東に位置する街です。
観光局にあったキャッチフレーズが、
「南仏の入口へようこそ」
みたいな感じでした。
中世、ルネッサンス期の建築物が多く残っています。

ヴァランスという街はフランス人も訪れたことがなくとも知っていますが、これを知っていたらフランス通!という物をここヴァランスで見つけました。
フランス人でも知っている人は多くないみたいですよ。

ヴァランス名物菓子「スイス・ドゥ・ヴァランス(Suisse de Valence)」。
ヴァランスのスイス君と勝手に名付けましょう(^^)

18世紀に当時のローマ教皇を護衛していたスイス衛兵隊がモデルとのこ
と。
小麦粉、バター、卵、オレンジの花のエッセンスとラム酒が材料のほんのりいい香り。
お菓子の種類はサブレですが、ぎゅっと中身が詰まっててちょっと固めです。
ショーウィンドウ越しのスイス君。 ・・ってゆーかさぁ~、土偶じゃん?

















下のお店はヴァランスにある1856年から営業の老舗パン屋「ニヴォン(NIVON)」。
Maison NIVON
17 av. Pierre Semard
26000 Valence
http://www.nivon.com/accueil.html

スイス君だけでなく、この地方で中世時代から食されていた地元パン「ポーニュ(La pogne)」という輪っかのパンやその他、この地方ならではのご当地パンを買うことができます。
ドアの取っ手もスイス君







































ということで、わたしもスイス君を買ってみました(^o^)♪
お得なお値段のスイス君は顔がなかったです(^^;

大きさも様々で、2ユーロから30ユーロ以上のものまであり、頼めばプレゼント用に箱に入れてくれるみたいですよ。
ヴァランスへお寄りの際は試してみてくださいね。

2014/12/24

Joyeux Noël 2014

メリークリスマス!
今年も皆様には大変お世話になりました。
楽しいクリスマス、年越しをお過ごしください。

2014/08/16

Championnats d'Europe d'athlétisme 2014

ただいまこちらでは陸上競技のヨーロッパ選手権大会がチューリッヒで開催されています。
フランス選手が大活躍でテレビ観戦をしていて楽しいです。

昨晩の男子3000メートル障害走の決勝。少なくともフランスでは今、この話題で持ち切りです。
なぜなら、ここにいろんな人間ドラマが見え隠れ。
ちょっとドロドロと爽やかぁ~。
フランス選手が1位、2位でゴールして、実況も大盛り上がり!
 1位だったマイエディーヌ・メキシ(Mahiédine Mekhissi)選手は、ゴール前に自分が1位で到着することを確信すると、嬉しさで興奮してユニフォームの上を脱いでゴールしてしまいました。
ゴール後、ジャッジからイエローカード(振る舞いに気をつけな)。
でも、イエローだから気にしない♫ 
舌をペロっと出して、喜びを抑えきれない。
わたし、
「なぜに脱ぐ?でも人を侮辱する行為じゃないからいっかー(^^)/♪」
ぐらいに思っていた。

一方で、2位でゴールのフランス代表ヨアン・コワル(Yoann Kowal)選手も自分の結果に大喜び。
すぐに観客席へ行き、婚約者を見つけて抱き合って、そしてプロポーズ!


そのまた一方で、ゴール直後は小さな落ち度と思われていた1位メキシ選手のゴール前の脱ぎ行為を、4位のスペイン代表選手はすかさず問題視し、ジャッジに激しく抗議。


結果、メキシ選手、失格。
メキシ選手は、過去には、いい成績が出せなくて大会のマスコットをど突いたり、ジャッジと喧嘩したりと目に余る行為があったらしいので、関係者からは目を付けられていたのでしょうね。

ちなみに、抗議したスペイン選手は過去にドーピングなどの違反の前科あり。どうしても表彰台に上りたいという強い思いが見えます。 

繰り上がりで1位になったフランス代表コワル選手のコメント。
「ゴール前にユニフォームを脱いでパフォーマンスをした行為が、ルール上良くないことだとしても、メキシが1番で到着したのは事実。彼の実力であることは変わらない。
僕は2位を受け入れている」
「僕が一番上の台に乗っていいのだろうか。メキシのメダルを僕は欲しくない」
繰り上げ優勝にかなり抵抗を感じて、本気で金メダル授与の辞退を考えたようだが、
仏陸上競技協会から、
「君が表彰を拒否したら、君も失格になるよ。次回大会の仏選手の出場枠に影響が出るよ」
とのことで、表彰式へ。
うう~ん・・ 真のスポーツマンだわ。

表彰式では、国旗掲揚と国歌が流れている間は表彰台から降りてはいけないらしい。
コワル選手はフランス国歌マルセイエーズが終わるとすぐに2位の台に降りました。

2014/05/18

Blond comme les blés

今、家の周りにある広大な畑には、青々とした小麦が育っています。
これが夏ぐらいに黄金の小麦になります。

フランスで、きれいな金髪のことを、「小麦のようなブロンド」と言うそうです。
初めて聞いた時は、?が10個ぐらい頭に浮かびましたが、ある夏の終わりに、すっかり実り切ったたくさんの小麦が風に揺れているのを見た時、
「このことだったのか!なんて的確で詩的な表現なんだろう!!」
と感動したのを覚えています。

2014/03/24

再び知育菓子

お菓子メーカー、ブルボンの「プチクマのお菓子のおうち」を子供達と作りました。

おうちのレンガ風壁のチョコレートモールドなどが入っていて、そこに溶かしたチョコレートを流して固めて、ウエハースで屋根を作って、ビスケットの瓦(?)を別で買ったキャンディーなどの砂糖菓子でデコレーションして華やかにしました。
プチクマがおまけで付いています。
屋根の飾りつけ。
この時が楽しさ絶好調でした。芸術爆発っ!

日本の知育菓子、わたしの周りでは大人気です。